廃コンクリート再生ブロック


廃コンクリートを主成分に、「透水性・保水性・吸水性」を併せ持つ、環境に共生するインターロッキングブロック舗装材


廃コンクリート再生ブロックとは

 建設現場から大量に発生する廃コンクリートを再生ブロックへと製品化し、半永久的なリサイクルを可能にした循環社会に適した舗装材です。

 従来のインターロッキングブロックと異なり、骨材がポーラス状態で有ることにより透水性・保水性・浸透性が高いため、水の保持力及び毛細現象による吸い上げ効果が期待でき、蒸散作用による熱カロリーが消費され、ヒートアイランド現象が抑制されます。
また、透水性・保水性・浸透性が高いことにより、局地豪雨による雨水流出抑制にも役立ちます。

 

 

特徴

★骨材が廃コンクリートのためリサイクル性が高く循環型社会に貢献でル舗装材です。

★透水性に優れ、水溜りができにくく誰にでも歩きやすい舗装材です。

★透水性・保水性に優れ、局地豪雨による雨水流出抑制効果のある舗装材です。

★保水性に優れ、蒸散作用により、ヒートアイランド現象を抑制する舗装材です。

 

 

廃コンクリートブロックの特徴計数値

試験項目 単位 物性値 基準値
曲げ強度 N/mm2 3.00以上 3.00以上
吸水性試験 80.00以上 70.00以上
保水性試験  g/mm3  0.18以上 0.15以上
透水性試験 cm/sec  1.5×10-2 1.0×10-2

 

 

標準路盤構造例

200✕100 インターロッキングブロック

歩行者系道路

最大積載量39kN以下の管理車両の通行する歩行者系道路

乗用車主体の駐車場

 

 

300角 インターロッキングブロック

歩行者系道路

最大積載量39kN以下の管理車両の通行する歩行者系道路

 

 
Copyright 1995-2014 SOSEKI. All rights reserved